忍者ブログ
カメラにかんして
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

手ぶれやピンぼけが発生する、それぞれの原因をチェックしておきましょう。
 ピンぼけ写真とは、文字通り逆援にピントが合致していない状態で撮影し
た写真です。そのため、ぼやけた写真が撮影されます。最近は、銀塩フィルム
式でもデジタルカメラでも、オートフォーカスが搭載されている製品ばかりな
のに…、と思われるかもしれまん。実は、ピンぼけに見える写真の中でも実は
ピントが合致している在宅もあるのです。例えば、撮影したい被写体ではない
モノにピントが合っている場合。画面右隅にほんのわずかに写っている、手前
に生えていた樹木にピントが合ってしまうと、人間にはピントが合わない場合
もあります。他にも、被写界深度の関係でピントが合わない場合もあります。
被写界深度とは、分かりやすくいうと、カメラからどの距離からどの距離まで
ピントが合っているように見えるか、ということです。この距離はカメラの絞
り値などに左右されます。すると、同じカメラを使っているのに、絞り値を変
えることによって、カメラから1m~2mまでピントが合っているように見える場
合と、1m~1.01mまでしかピントが合っているようにしか見えない場合が出て
くるのです。後者の場合などは、人間の鼻の頭にピントが合っても、眼や耳の
あたりはぼけてしまいます。すると、全体がピンぼけ写真のように見えてしま
うというわけです。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
SEOパーツ
  • seo