忍者ブログ
カメラにかんして
[6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

撮影した写真をあとから見直してみると、被写体がくっきりと撮影されていな
い、ぼやけた童貞が混ざっていることがあります。これは、銀塩フィルムを使
ったカメラの時代から大きな逆援助です。ぼやけた写真の最大の原因はピントの
ずれ。すなわち、「ピンぼけ」と呼ばれているものです。そこで、このピンぼ
けを最小にするための機構が開発されました。パンフォーカスやゾーンフォー
カスなどさまざまな機構が開発されましたが、中でも、カメラが被写体との距
離を計測しピントが合致するように自動的に調整する機構、いわゆる「オート
フォーカス」の開発によって、ピンぼけ写真は大幅に減少した画期的な技術で
した。もちろん、デジタルカメラの多くは、このオートフォーカス機能を搭載
しています。
 ところが、高性能なオートフォーカスを搭載しているデジタルカメラを使っ
ているにも関わらず、ぼやけた写真を撮影してしまうことが多くあります。そ
れも、銀塩フィルム式のカメラに比べて、デジタルカメラの方が、このぼやけ
た写真が多く感じる方が多いようです。なぜでしょうか。
 実は、ぼやけた写真の原因は、ピンぼけではないこともあるのです。それが
「手ぶれ」という現象です。しかも、手ぶれは、ぼやけた写真の原因としては、
ピンぼけと双璧を成すほど多いものなのです。では、「手ぶれ」とはなんでし
ょうか。また、ピンぼけとどう違うのでしょうか。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
SEOパーツ
  • seo